トップページ > 着付コンテスト >2017年全国大会 特別ステージの作品

特別ステージ「時代の流れに即した……洋髪の和装花嫁」

  全国大会恒例の「ゲストステージ」に替えて、本年は特別ステージとして標題のテーマで、全国7ブロックの代表が洋髪の打掛花嫁と洋髪の振袖花嫁を創作・競演いたしました。
 より実践的に、より公平にと考えて、各ブロックとも、技術者は3名、モデルは本部でノミネートした美容学校の学生さん2名とし、それぞれ打掛と振袖の式服を想定して創作いたしました。
 その意図とする主旨は、次のとおりです。

●文金高島田に綿帽子、角かくしをつけた白無垢姿や、色打掛、引き振袖等の装いは、日本の伝統的な花嫁姿として日本人はもとより、世界の人びとからも憧れの対象となっており現在に至るまで引き継がれてきました。

●しかしながら一方では花嫁様のかつら離れが進み、打掛や引き振袖は着てみたいがかつらは付けたくないというご要望が増え、その結果和装の衣裳はそのままに、ヘアスタイルを洋髪に結い上げた「洋髪和装花嫁」という一つのスタイルが定着してきている現実があります。

●全日本婚礼美容家協会といたしましては、従来からの、伝統と格式のある完成された美しい文金高島田の花嫁を今後も守り継承していくことに変わりはありません。

●その一方で現実に市場に求められる新しい和装花嫁を提案し、発信していくことも、一つの使命と考えております。

●そこで今回は洋髪和装花嫁をテーマに取り上げ、打掛や振袖にふさわしいヘアのボリューム感や、ヘアスタイルとバランスのとれる衿の抜き具合、前の衿合わせはどんな雰囲気が良いのか、メイクの色や形、質感をどのように考えるか、全婚7ブロックがそれぞれに研究を重ね、本日ここにご提案させていただきます。

 今後、全日本婚礼美容家協会はさらに研究を進めてまいりたいと思います。

北海道ブロックによる洋髪打掛花嫁

北海道ブロックによる洋髪打掛花嫁

北海道ブロックによる洋髪振袖花嫁

北海道ブロックによる洋髪振袖花嫁

東北ブロックによる洋髪打掛花嫁

東北ブロックによる洋髪打掛花嫁

東北ブロックによる洋髪振袖花嫁

東北ブロックによる洋髪振袖花嫁

東京ブロックによる洋髪打掛花嫁

東京ブロックによる洋髪打掛花嫁

東京ブロックによる洋髪振袖花嫁

東京ブロックによる洋髪振袖花嫁

中部ブロックによる洋髪打掛花嫁

中部ブロックによる洋髪打掛花嫁

中部ブロックによる洋髪振袖花嫁

中部ブロックによる洋髪振袖花嫁

近畿ブロックによる洋髪打掛花嫁

近畿ブロックによる洋髪打掛花嫁

近畿ブロックによる洋髪振袖花嫁

近畿ブロックによる洋髪振袖花嫁

中・四国ブロックによる洋髪打掛花嫁

中・四国ブロックによる洋髪打掛花嫁

中・四国ブロックによる洋髪振袖花嫁

中・四国ブロックによる洋髪振袖花嫁

九州ブロックによる洋髪打掛花嫁

九州ブロックによる洋髪打掛花嫁

九州ブロックによる振袖花嫁

九州ブロックによる振袖花嫁

●特別ステージ制作担当者●
北海道ブロック
 髙橋 孝子(美容室 結)
 山﨑 洋子(ビューティサロンヤマサキ)
 佐藤 尚子(ビューティサロン明美)
東北ブロック
 田中ふさ子(モンパル美容室)
 横山  妙(みつわ美容室)
 近藤 美香(モンパル美容室)
東京ブロック
 菅原みどり(カペリ・デ・アーテ)
 守田 智子(国際文化理容美容専門学校)
 北村 桃子(国際文化学園)
中部ブロック
 桐生 京子(パール美容院若松店)
 塚田喜代美(グランベル)
 梅田ゆう子(美容室SHIBATA)
近畿ブロック
 杉本 るり(坪内美容院)
 高尾加奈惠(坪内美容院)
 辻井かおり(坪内美容院)
中・四国ブロック
 堀  葉子(ビオレ美容室)
 立花 京子(CLODEA)
 岡西 登子(ビオレ美容室)
九州ブロック
 宮迫 光子(美容室フルール)
 樋之口道子(ブライダルサロンさつき)
 東本 夏子(美容室B.F.C姫)